まずは簡単に3ステップでできる無料登録! 今すぐ新しい冒険を始めよう!

フリーランスエンジニアのための
求人サイト - フリート

PHPフレームワーク(FW)|おすすめのフレームワークと選び方をご紹介

 

前回はJavaのフレームワーク(FW)について取り上げましたが、今回はPHPのフレームワークについてお伝えします。フリーランス案件を探すにあたり、フレームワーク経験が求められることもありますので、「PHPフレームワークの種類が多くてどのフレームワークを選べばよいか」「PHPフレームワークにはどんな種類があるのか」 と気になる点や分からない点を解消していきましょう。まずPHP開発で使われるフレームワークについて確認して、PHPフレームワークの選び方、そしてPHP開発でおすすめのフレームワークについてご紹介していきます。

 

 

・PHP開発で使われるフレームワーク

 

PHPの開発で使用されるフレームワークは、プログラムの土台となるソフトウェアのことです。開発の規模によって異なりますが、何もない白紙の状態からコードを記述して開発していくとなるとかなりの工数がかかりますので完成まで大幅に時間がかかってしまいます。

 

しかし、フレームワークを使用することで、PHPでよく使われる汎用機能が事前に用意されていることになりますので、コードの記述量が減り、工数削減につながります。

 

工数削減というメリットの他にもPHPのフレームワークを使用することで、

・作業効率が上がって生産性が向上する

・品質の向上を実現できる

・バグ発生を抑制できる

などのメリットがあります。

 

PHPに限ったことではありませんが、フレームワークを使用することでこのような大きなメリットがあることから、システム開発やアプリケーション開発においては重要な存在と言えます。また、PHPだけでなく他の様々なプログラミング言語でもフレームワークは作られています。

 

この後でご紹介しますが、PHPのフレームワークには数多くの種類があります。それぞれ機能や使いやすさなど異なる点もありますので、「PHPのフレームワークなら何でもよい」というわけでなく、フレームワーク選びも大切になります。次にPHPのフレームワーク選び方について見ていきましょう。

 

 

=PHPのフリーランス案件についてはこちらから=

 

 

 

・PHPフレームワークの選び方

 

PHPのフレームワークにも種類があるため、「どのフレームワークを使用すればよいか」という点で迷ってしまうこともあるかもしれません。ここでは、PHPのフレームワーク選びで迷わないようにするために選び方をご紹介します。

 

■PHPフレームワーク選び方①:トレンドに注目する

一つ目は、世の中のトレンドに注目する選び方です。PHPフレームワークを身につけても使う場面がなければフレームワークの活用はできませんので、どのようなフレームワークが使われているかトレンドに注目するようにしましょう。なお、トレンドを調べる際には『Google Trends』という無料ツールの利用がおすすめです。キーワードを指定すれば、以下のようにフレームワーク毎の人気度の動向を確かめることができますのでトレンド指標の一つにしてみるのもおすすめです。

 

画像:Google Trends 比較結果画面

 

■PHPフレームワーク選び方②:学習のしやすさ

PHP言語の知識だけでなく、開発で使用するPHPフレームワークについて学習する必要がありますので、学習のしやすさという点も選ぶ際の基準にすることができます。フレームワークの種類によっては情報量が少なく、学習しにくいフレームワークもありますので学習のしやすさも事前に確認した上で選ぶ必要があると言えます。

 

■PHPフレームワーク選び方③:規約の厳しさ

フレームワークにおける規約の厳しさというのは、「コーティング時のカスタマイズのしやすさ」というイメージです。規約が厳しければコーティングの自由度は低くなり、カスタマイズしにくくなりますが、その分だけバグ抑制の効果は期待できます。一方、規約が緩い場合にはカスタマイズしやすくなり、フレームワークだけでは対応できない部分にも柔軟に対応しやすくなります。目的に応じて規約の厳しさを確認するようにしましょう。

 

 

=PHPのフリーランス案件についてはこちらから=

 

 

・PHP開発でおすすめのフレームワーク

 

実際にPHP開発で使用されるフレームワークにはどのような種類があるのでしょうか。充実した機能が備わっているフレームワークから軽量化が目指されたフレームワークまで、その種類は様々です。最後に、PHP開発でおすすめのフレームワークをご紹介します。

 

■おすすめPHPフレームワーク①:Laravel

2011年に登場したPHPのフレームワークです。先ほどのトレンドについての画像で確認しても分かるように人気急上昇中のフレームワークとなっています。分かりやすい・書きやすいという特徴があり、PHP初心者にもおすすめです。日本語のドキュメントも整備されていて充実しています。

 

■おすすめPHPフレームワーク②:CakePHP

2005年に登場したフレームワークで、長らく使用されている有名なPHPフレームワークです。テーマは「ケーキを焼くように簡単にPHP開発できる」で、国内のWebアプリケーションやWebサービス開発で利用されてきました。軽量で使いやすく求人数も多い傾向にある特徴もあります。

 

■おすすめPHPフレームワーク③:FuelPHP

2010年に登場したPHPフレームワークです。FuelPHPも軽量ですぐに試すことができます。PHPのフレームワークに触れてみたい方はひとまずFuelPHPを利用してみるのもいいかもしれません。他のフレームワークに比べると規約は緩くコーティングの自由度はありますがバグが起こりやすい点には注意が必要です。

 

■おすすめPHPフレームワーク④:Symfony

2005年登場のPHPフレームワークです。個人開発よりも企業案件で採用されている場合が多く、大規模なWebサービス開発にも使用されています。テストやデバッグ機能が豊富になっており、品質維持が求められる場合に向いているフレームワークです。

 

■おすすめPHPフレームワーク⑤:CodeIgniter

2006年に登場したPHPフレームワークです。規約が緩い特徴があり、コーティングの自由度は高めとなっています。軽量で動作が高速という特徴もあるため、速度が重視されるようなシステムやアプリケーションに使用される機会が多いフレームワークです。

 

 

今回はPHPフレームワークについて取り上げました。少しでもPHPでのシステム開発やアプリケーション開発を効率よく行うために、フレームワークを活用するとよいでしょう。PHPフレームワークでのおすすめを5つご紹介しましたが、PHP開発で使用されているフレームワークの種類は他にもありますので、今回お伝えしたPHPフレームワークの選び方などをもとに選んでみてはかがでしょうか?

 

また、PHPのフリーランス案件を探している方は、ぜひ当サイトを運営している『Freeto(フリート)』を活用してみませんか?FreetoではPHPのフリーランス案件をはじめ、様々なフリーランス案件を扱っています。フリーランスに興味があるけれど何から始めてよいか分からない方やフリーランスデビューに不安をお持ちの方はもちろん、既にフリーランスエンジニアとしてご活躍されている方のご利用も大歓迎です。「スキル・分野」「こだわり」「ポジション」など、あなたが求めているフリーランスとしての条件に最適な求人案件をご紹介します。

少しでも気になった方は、まずはご相談からでも構いませんのでぜひお気軽にご利用ください。

 

 

=PHPのフリーランス案件についてはこちらから=

 

 

個別相談会イメージ

私たちプロのコンサルタントが
あなたの独立をサポート・支援します。

これからフリーランスになりたい方に向けて
専任のコンサルタントがあなたの理想のキャリアを
実現するために、無料で個別相談会を行っています。

個別相談会の情報はこちら