まずは簡単に3ステップでできる無料登録! 今すぐ新しい冒険を始めよう!

フリーランスエンジニアのための
求人サイト - フリート

Javaフレームワーク|Java開発で押さえたいフレームワーク(FW)3選

Javaのシステム開発において、効率よく作業を進めるためには「フレームワーク(FW)」の活用がポイントとなります。Javaフレームワークと一口に言ってもその種類は多く、どれを利用すればよいか判断に迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。Java案件を探すにあたり、フレームワーク経験が求められることもあります。今回は、既にエンジニアとして活躍されている方やこれからフレームワークを学習するという方に向けて、Javaフレームワークについてお伝えします。Javaフレームワークとはそもそも何か、Javaのシステム開発でフレームワークを使用するメリット・デメリット、そしてJava開発で押さえておきたいフレームワークをご紹介していきます。

 

 

・Javaフレームワークとは

 

まず簡単に、そもそもJavaフレームワークとは何か確認しておきましょう。

 

Javaフレームワークとは、Javaを使用して開発を行う際に用いられるもので事前にまとめられた枠組みのことです。JavaフレームワークはJava言語特有のものであり、その他のプログラミング言語にはそれぞれ特有のフレームワークが存在しています。

 

本来であれば何もない状態からコードを記述して開発していかなければなりませんが、事前にシステム開発で用いる関数をはじめとするプログラミング群が集約されているなど、システム開発やアプリケーション開発において土台となるテンプレートが用意されていることから、Javaフレームワークを使用することで生産性を向上させることができます。もちろん、Javaフレームワークを使用しなくても最初から開発することもできますが、限られた時間の中で開発しなければならないことを考えると開発者の負担を軽減させることができるため、広く開発現場で採用されています。

 

この後でもご紹介しますがJavaフレームワークには種類があり、開発側の目的やスキルによって使用されるフレームワークは異なります。

 

 

=Javaのフリーランス案件についてはこちらから=

 

 

・Java開発でフレームワークを使うメリット・デメリット

 

上記でも少し触れましたが、Java開発においてフレームワークを使用することでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?それぞれ見ていきましょう。

まずはメリットからお伝えします。

 

■Javaフレームワークを使用するメリット

 

①作業効率が上がり生産性向上

開発での作業効率が上がった生産性が向上することはJavaフレームワークを使用する上で大きなメリットと言えるでしょう。そのまま利用できるテンプレートやテンプレートの改良作業で済むため最初から開発する工数を省くことができ、開発期間を短縮することができるのです。

 

②品質向上につながる

チームで行う開発の場合、メンバーの技術力やコーティングの手法は一様ではありません。コーティングの統一化を図るためのルールも細かく決めなければならない場合でもフレームワークの使用でプログラムの品質を保持・向上につなげることができます。

 

③バグ発生を抑えられる

ゼロからコーティングを行うとバグが発生する可能性は高まります。しかし、フレームワークを使用することでコーティング箇所が減らすことができるため、その分バグの発生を抑えることが期待できます。

 

■Javaフレームワークを使用するデメリット

 

①技術力向上につながらない可能性がある

フレームワークは便利な反面、プログラミング言語に関する知識やプログラミング技術を伸ばしにくくなってしまう可能性があります。もちろん、これはあくまでも開発をゼロから行う場合と比べてのことであり、フレームワークを使用するためにもプログラミング言語の知識やスキルは必要となるため技術が身につかないということはありません。

 

②フレームワークを理解するための時間確保

Java自体についての学習にも時間がかかりますが、フレームワークを使用することになればフレームワークについても知識が必要となるため、その分学習時間を確保しなければなりません。Javaフレームワークには種類があるため、初めて扱うフレームワークであれば事前に学習が求められることになります。

 

③コストが発生する場合もある

Javaフレームワークの中には無料で使用できるものだけでなく、コストがかかるフレームワークもあります。コストがかかるフレームワークなのか、無料で使えるフレームワークなのか事前に調べる必要性があります。

 

 

=Javaのフリーランス案件についてはこちらから=

 

 

・Java開発で押さえたいフレームワーク5選

 

それでは最後に、Java開発で押さえておきたいフレームワークを3つご紹介します。

 

■Javaフレームワーク①:Spring Framework

 

2003年に開発されたフレームワークで、Webアプリ開発で使用されます。DI(依存性注入)機能が採用されていることが特徴です。たとえば、依存関係にある2つのクラスがあったとした場合、本来であれば一方のクラスしか完成していないとテストを実行できませんが、DI機能が備わっていることにより依存関係が解消されるため、完成しているクラスの単体テストが可能となります。

 

■Javaフレームワーク②:JavaServer Faces

 

2004年に開発されたOracle社が提供しているフレームワークです。UI(ユーザーインターフェース)を構築しやすいフレームワークで、仕様はJava EEの一部として含まれています。Webアプリ向けのフレームワークとして有名です。MVCモデル(Model:データ・ロジックなどを担う、View:図表やグラフィックを担う、Controller:ModelとViewを制御する、の3つの要素に分けて設計する手法)を中心に開発されているため、保守性を高めることが可能になります。

 

■Javaフレームワーク③:Apache Struts

 

2001年頃から開発されてJavaフレームワークの中でも歴史が長く、代表的なフレームワークです。こちらもMVCモデルを採用していること、そして高い生産性で人気がありました。無料で利用することができますが、脆弱性の問題が指摘されたことを受けて他のフレームワークへの移行を検討する動きもあります。そのため、案件によっては移行が求められることも考えられるため知識としては把握しておいてもよいかもしれません。

 

この他にもJavaフレームワークの種類はさまざまあります。世界中で使用されているようなおすすめのフレームワークやJavaフレームワークを使用する目的などをもとにして、Javaフレームワークを選ぶようにしてみてください。

 

今回はJavaフレームワークについて取り上げましたが、Javaのフリーランス案件を探している方は、ぜひ当サイトを運営している『Freeto(フリート)』を活用してみませんか?

 

FreetoではJavaのフリーランス案件をはじめ、さまざまなフリーランス案件を扱っています。フリーランスに興味があるけれど何から始めてよいか分からない方や不安をお持ちの方や既にフリーランスエンジニアとしてご活躍されている方のご利用も大歓迎です。

スキル・分野」「こだわり」「ポジション」など、あなたが求めているフリーランスとしての条件に最適な求人案件をご紹介します。ぜひお気軽にご利用ください。

 

=Javaのフリーランス案件についてはこちらから=

 

 

個別相談会イメージ

私たちプロのコンサルタントが
あなたの独立をサポート・支援します。

これからフリーランスになりたい方に向けて
専任のコンサルタントがあなたの理想のキャリアを
実現するために、無料で個別相談会を行っています。

個別相談会の情報はこちら